子供の”集中力がない”は鍛えることができる!?ビジョントレーニングについて説明します!

教育

 

自分の子供の悩みはたくさんあると思います。

その中でも、

  • 集中力がない
  • 話を聞かない
  • 簡単な間違いを良くする

こんなことが多くて悩んでるお母さんお父さんはいませんか?

インターネットで調べると、発達障害の症状と一致して心配になったりしませんか?

しかし、ほとんどの場合は親の取り越し苦労となり問題にならないことが多いです。

ですがそれはのちのちわかる結果論で、現在進行形で子育てしている親としては日々不安なのではないでしょうか。

そこで、今回はビジョントレーニングというものを紹介します。

これによって、先ほどの悩みについては訓練により改善できることがあるのです。

 

ビジョントレーニングとは

 

ビジョントレーニングとは、見る力を鍛えることです。

人間の情報の8割は目からの情報と言われています。

ですので、見る力が弱いと色々なことへ影響してくるのです。

つまり、この見る力を鍛えることで、注意力がないなどの心配事が減るのではということです。

 

不安をそのままにすることは危険

 

親が子供の注意力の無さを心配することで、子供にも伝わってしまいます。

そして、そのまま過ごしていくことにより、その不安が積み重なってしまい、子供自身が諦めてしまうようになってしまいます。

子育ての方針は各家庭ごとに違うものですが、子供が自身のことを諦めてしまうことは良いことではないと私は思います。

でも、注意力をつけようとして、子供に細かく指示をしたり、すぐに叱りつけたりは違うような気がします。

 

現代の生活では見る力は衰えやすい

 

昔は、心配する親は少なかったような気がします。

それには、環境的な要因があると思います。

技術の発達に伴い、子供の遊び方も変わってきました。

昔は外で遊ぶことも多く、見る力は必然的に鍛えれる環境にありました。

しかし、現代ではスマートフォンやゲーム、パソコンなどが普及して見る力が鍛えることがあまりできません。

同じ画面をじっと見ていることで、眼球の動きも制限され、また、奥行きなどの感覚もつかみにくく空間の認識も甘くなってきています。

ですので、集中力が無いなどの悩みを持つ親が増えているのは、実際に昔に比べて増えてきているのです。

 

ビジョントレーニングの方法

では実際に見る力はどのように鍛えるのかを説明します。

ビジョントレーニングで大切なことは

  • 眼球の動きがしっかりあること
  • 集中すること
  • 短期的な記憶を辿ること

このことを鍛えていくのが良いのです。

良く使われる方法は下のような図を使って行うゲームです。

何秒で1から最後まで数を見つけることができるか。

また、何秒で最後の数から1まで数えることができるか。

ブラウザで無料でできるものがありますので試してみてください。

ビジョントレーニング

 

また、ビジョントレーニングについては、本としても出版されているのがたくさんあります。

その中でもオススメなのはこの一冊です。

 

発達障害の子供達向けに考えられたもので、もちろん、発達障害とまでは行かなくても、すべての子供に重要なトレーニングです。

良ければ購入して読んでみてください。

 

まとめ

 

今回はビジョントレーニングについてのお話でした。

ビジョントレーニングを行い続けることで、

  • 集中力がつく
  • 動体視力が良くなる
  • ケアレスミスが少なくなる
  • 人の話を聞ける

このようなことを訓練により獲得できるようになると思います。

どうしても子供を叱ってしまうなお母さんやお父さんにはぜひ子供と一緒にやってもらいたいです。 

 

 

Follow me!

コメント

PAGE TOP