美白のうたい文句に注意!ハイドロキノンの危険性について説明します。

健康

 

今回はお肌のお話です。

暖かくなってくると、服装も薄着になりますし、紫外線も気になりますよね。

特に女性にとっては日焼けが気になってくると思います。

 

日焼けの対策ってどのようにしていますか?

美白化粧品の一つして配合されていることが多い、ハイドロキノンという成分をご存じですか?

なんと紫外線からシミができるのを守ってくれるみたいなのです!!

これだけ聞くと素晴らしい成分なのですが、実際にどんなものか知っていますか?

今回は、紫外線を浴びるとどうしてシミができるのか、そして、ハイドロキノンの作用と危険性について説明し、日焼け対策にはどうしたら良いかについても説明します。

  

紫外線がシミを作るメカニズムを説明

  

ここでまず紫外線について説明しておきます。

肌が紫外線を浴びるとどうなるでしょうか。

紫外線は皮膚の構成しているDNAを破壊して、皮膚にダメージを与えます。

一気に日焼けをするとひりひりして、皮がめくれたりしたことはありませんか?

そこまでひどくならなくても、紫外線は皮膚にダメージを与えているのです。

皮膚へのダメージは蓄積され、皮膚ガンになりやすくなるとも言われています。

  

また、紫外線を日々浴びてしまうと、日焼けしますよね?

この日焼けはメラニンがたくさん集まっているからです。

黒色化することで、紫外線から肌を守ってくれているのです。

つまり、紫外線自体がシミを作るのではなく、メラニンが増えることでシミを作っているのです。

ここで、しっかりと把握しておきたいことは、メラニンによる日焼けやシミは紫外線から皮膚を守っているということです。

  

ハイドロキノンとは

  

日焼けや、シミができるメカニズムについて理解できたところで、ハイドロキノンという物質の説明をします。

簡単にいうと、ハイドロキノンは紫外線を肌にあびても、メラニンが作られないようにする物質です。

つまり、日焼けやシミを作らないようにできるのです。

ものすごい画期的だと思いますが、先ほど説明したことを思い出してください。

メラニンが作られないということは、皮膚は紫外線にさらされてしまうということです。

日焼けを防ぐという目的だけで考えると、良いのですが、その結果皮膚にダメージが残ってしまうということです。

ですので、日焼け予防としてのハイドロキノンの使用はおすすめできません。

 

さらに、ハイドロキノン自体にも細胞毒性があり一般の人が使用するものではないと思っています。

ハイドロキノンについてまとめると、

  • メラニン合成を抑えて、日焼けやシミを作らない
  • 紫外線に対してノーガードでダメージが防ぐことができない
  • 紫外線による様々な影響を受ける

日焼け予防でハイドロキノンを使用するのはやめたほうが良いです。

 

適切なハイドロキノンの使用法について

  

先ほど日焼け予防にハイドロキノンの使用はおすすめしないと説明しました。

ですので、市販されている化粧品として売られているハイドロキノン含有の製品はすべておすすめしません。

しかし、シミの治療になってくると話は変わってきます。

ハイドロキノンは皮膚科医がシミの治療で使用しています。

皮膚科医の指導の下で使うのは問題ないと思います。

専門医の指示通りに使うことで、細胞毒性が起きない濃度や使い方を守れるのです。

  

日焼けを防ぐにはどうしたらよいのか?

  

画期的な作用を持つハイドロキノンが使えないとなると、日焼けはどのように対処していけば良いのでしょうか?

それは皆さんがご存じの通り、日除けの服装と、日焼け止めの使用です。

 

服装について

まずは、物理的に紫外線が肌に当たらないようにするための服装を意識することです。

厚手の服を着れば色は気にしなくても良いのですが、夏となるとそういうわけにもいきません。

ですので、薄手の服を着用する場合は、色の濃いものをおすすめします。

簡単に説明すると、色の濃いものは光の中の熱は通しやすいが、紫外線は通しにくいのです。

ですので、黒い服が日焼け対策に効果的なのです。

反対に白い服は、熱は通しにくいのですが、紫外線は通し安いです。

上手く、色を組み合わせて紫外線の対策をしてみてください。

 

日焼け止めクリームについて

服装によって皮膚が覆われている場所は日焼けの心配をしなくても良いのですが、そのほかの場所は日焼け止めクリームをつかうのが良いです。

日焼け止めを選ぶ時の基準はSPF30、PA++以上の日焼け止めを選ぶのが良いです。

この、SPFとPAというのは紫外線の種類に対する強さです。

また、すごく日差しが強い日の外出や、海や山へ行くときなどはSPF50、PA+++のさらに強い日焼け止めを使っても良いです。

また、日焼け止めクリーム自体が肌に刺激となることがあります。

なるべく肌への刺激が少ないノンケミカル製品が良いです。

しかし、SPF50、PA+++でノンケミカル製品は多くはなく、値段の高めに設定されています。

我が家がつけているのはNOVの日焼け止めです。

私を含め、子供も肌が弱いためNOV製品には本当にお世話になっています。

よかったら使ってみてください。

  

ここで、日焼けは完全にダメなことではないということについても触れたいと思います。

肌に紫外線があたることで、ビタミンDが活性化されます。

ビタミンDの活性化はカルシウムの吸収に関係してきます。

ですので、日焼けをおそれて全く外出しないというのは、カルシウムを吸収する妨げになってしまいます。

なので、日焼け対策を行ったうえで適度に外出することで骨も丈夫になるのです。

  

まとめ

  

今回は日焼けについてのお話でした。

日焼けが嫌だからと言って、ハイドロキノン含有の化粧品を使用することはおすすめしません。

日焼け対策は、服装と日焼け止めをうまく使用していきましょう。

また、紫外線はカルシウムの吸収に必要なものです。

全く外出しないのは良くないので、日焼け対策を適切に行い、適度に外出するのが健康的です。

 

 

Follow me!

コメント

PAGE TOP