たばこの歯周病へのリスクについて

健康

 

今回はたばこが歯周病のリスクを高めるというお話です。

たばこが何となく体に良くないということはみなさんご存じかと思います。

肺を悪くするとか、動脈硬化になるとか聞いたことありますよね。

しかし、たばこはそれ歯に対して良くない影響を与えているのです。

今回は、たばこの歯に対する影響と、禁煙したらどのような改善がみられるかについて説明していきます。

 

たばこの影響について

 

たばこには非常に多くの化学物質が含まれています。

そのなかには、ニコチンや発がん性物質も多数含まれています。

たばこを吸っている人は、口臭も悪くなりがちですし、ヤニで歯が着色していることも多いです。

では実際に、たばこによって口の中はどうなっているのでしょうか?

わかりやすくまとめてみます。

 

ヤニが歯の表面に残る

 

たばこにはヤニが含まれています。

このヤニが原因で歯の着色や、口臭が悪くるのです。

しかし、ヤニは着色や口臭だけでなく、歯周病にも影響してきます。

ヤニがついた歯の表面はざらざらしているため、歯周病の原因菌が付着しやすい状況です。

また、ヤニにはニコチンが含まれているので、たばこを吸い終わった後も、じわじわとニコチンがヤニから溶け出てくる状態になっているのです。

 

ニコチンなどによる血管収縮作用

 

たばこの成分のうちニコチンという物質があります。

このニコチンがたばこの依存性の原因となっているのですが、口内でも影響を与えています。

ニコチンは血管を収縮させて、流れる血液の量を減らしてしまいます。

また、たばこの煙には一酸化炭素という煙が含まれています。

火事の時に生じるガスと同じで細胞の酸素を奪っていくのです。

つまり、たばこを吸うと口の中は、ニコチンで血管が収縮して血流量が減り、さらに一酸化炭素で酸素不足になっているのです。

酸素は血液が運ぶので、その血流量が低下すると酸素不足になり、さらに、その少ない酸素を一酸化炭素が奪っていくのでかなりの酸欠状態になるのです。

 

ニコチンによる、免疫作用の減少

 

ニコチンは血管収縮作用だけでなく、免疫作用(ばい菌と戦う力)を弱めてしまいます。

血管収縮作用による血流量の低下や酸素不足、そして免疫作用のていかにより、歯周菌に対して戦う力が非常に弱くなっているのです。

歯周病が進んでいくと、通常は歯茎に炎症が起きてきて歯茎がはれてきます。

しかし、たばこを吸っていると、歯茎の血流量が減っていて炎症が起きていないように見えるのです。

そのため、歯周病になっていても確認されないことが多く、気づいたころには歯を失ってしまう状態になっていることも多いのです。

 

治療効果が期待できない

 

ニコチンにさらなる影響は、治療してもその効果が出にくいということです。

体内では、線維芽細胞という傷を治そうとする細胞があり、この細胞によって治療した後に改善効果が見られます。

しかし、ニコチンはこの細胞の働きを抑えてしまいます。

ですので、たばこを吸わない人と同じ治療をしても、同じような効果が得られないのです。

 

禁煙の有効性

 

禁煙の有効性についてはいくつかの報告があり、具体的な機関については定かではありません。

しかし、共通することは、禁煙することによって、確実に口内環境が改善するということです。

禁煙によって、歯茎の状態が回復し、免疫作用が高まり、さらに、治療の効果も高まることが共通して報告に出ています。

具体的にどれくらい禁煙したら、タバコを吸っていない人と同じになるかについてはわかっていませんが、一日も早く禁煙するべきなのは明らかです

 

まとめ

 

タバコが口内に与える影響について説明しました。

歯はとても大切です。

もし、喫煙している方がいたらすぐに禁煙することをおすすめします。

自分の体なので、自分自身で守っていきましょう。

さらに、大切な人が喫煙しているという方は、その人のことを想って禁煙を勧めてみてください。

また、虫歯予防の記事もありますので良ければそちらもご覧ください。

虫歯予防に有効な歯みがき法について

おすすめの歯みがき粉について

 

 

Follow me!

コメント

PAGE TOP