楽しくのもう!子供に薬を飲ませるコツを紹介

健康

 

子供に薬を飲んでもらうのに苦労したことはありませんか?

親としては早く治って欲しいのでしっかりと薬を飲ませたいですよね。

でも、子供は嫌がって全然のんでくれず、つい怒ってしまう…

なんてことを経験したことのあるお母さんたちは多いと思います。

今回の記事では、子供に薬を飲んでもらうコツを説明していきますので、最後までご覧ください。

 

 基本的な注意事項

  

まずは薬を飲んでいくのにあたり、基本的な注意事項を説明します。

医者で処方された薬は、その人に合わせた薬になっています。

ですので、決められたように服用するようにしましょう。

  • 調子が良くなったからやめた
  • 残った薬を次回にのむ
  • 知り合いが似たような症状だから、分けてあげる

このようなことはとても危険なことですので絶対にやめてください。

事前に、医師や薬剤師から改善したらやめるようにと指示がある場合はその指示に従いましょう。

薬は、その時の症状に合わせて作られていて、また、他の人には合わないかもしれません。

  

お薬を飲むコツ

  

1.子供に薬を飲ませるコツは、必死にならないことです。

必死になると、どうしても恐い顔して口調も強くなりがちです。

そんな親の顔をみたら、恐いものを飲まないといけないと勘違いしてしまい、余計に飲みたくなくなってしまいます。

ですので、笑顔で楽しそうにしながら飲ませてあげるのが良いのです。

 

2.シールなどを使って楽しくのむ

シールなどその子の好きなものを用意してご褒美にしたり、ばい菌をやっつけようと子供心をくすぐるのも良いです。

お薬の袋に飲んだ分だけシールを貼っていくなどして、目に見えるようにしてあげるとわかりやすくて効果的です。

子供は興味があることしかやりたくないので、その子の興味をうまく利用しましょう。

 

3.薬を飲む理由を説明する

なんでお薬を飲むのかしっかりと説明してあげるのも良いです。

この説明は薬剤師に任せても良いのですが、自宅でもう一度説明してあげるとさらに納得できると思います。

少し大きくなってきた子供は、理由を知ることによって興味が沸きます。

しっかり治すために、お薬を飲む必要があることを楽しく説明してあげてください。

 

4.食後にこだわらない

これは注意事項で説明したことに反するように感じますが、重要なことです。

乳児の場合は食後(ミルクの後)に薬をのませようとしても満腹になってしまい薬を飲みません。

なので、食事中や食前にのませることが大切になってきます。

念のため薬をもらう際に、食事中や食前に飲ませても良いか、医師や薬剤師に聞いておくと良いです。

 

5.水で飲ませなくてもよい

薬は水で飲まないといけないというイメージがありますが、そんあことはありません。

特に子供に飲ませる場合は味を付けたほうはのみやすくなります。

しかし、何にでも混ぜてよいかというわけでもありません。

事前に混ぜてはいけないものは薬剤師から説明があると思いますので、気を付けましょう。

私のおすすめはチョコレートシロップと混ぜることです。

チョコレートの味は濃厚であるため、苦みがある薬でものみやすいです。

チョコレートを食べさせれる年齢でないといけませんが、チョコレートと相性が悪い薬はありません。

アイスクリームもおすすめできるのですが、相性が悪い薬があります。

ジュースや、牛乳と混ぜて飲むことも多いと思います。

ですが、これらと相性が悪い薬があることと、苦みが感じやすいので私はあまりおすすめしていません。

ジュースで飲める薬は、水で溶いても充分に甘くてのみやすいことが多いです。

  

上手くのませることができなかった場合

  

たまに、薬をのませるのが苦手と、両親から神妙な顔で相談されることがあります。

そんな時私が両親に伝えることがあります。

「飲めなかった分は気にしなくて良いですよ。飲めた分だけで大丈夫です」

もちろん全部飲んでもらうことが一番良いと思いますが、子供に飲ませるのってすごく大変です。

ですので、一回分全部飲みきれなくても良いと思います。

そこで必死になると、子供はさらに嫌がりますし、両親もストレスになってしまいます。

半分以上飲めたら、しっかりと褒めてあげてください。

うれしくて残りも飲むかもしれません。

 

まとめ

  

今回は子供に薬をのんでもらうためのコツを紹介しました。

薬をのむことも楽しくやれるようにするのが良いと思います。

皆さんのお子さんが元気に過ごせることを祈っています。

Follow me!

コメント

PAGE TOP