九九は算数の基本!つまづいたら九九を復習しよう!

教育

 

今回は教育のお話です。

前回までに、小学一年生の基本の足し算と引き算が大切という話をしました。

まだ見てない方はそちらもご覧ください。

小学校一年生の算数でつまづかない方法

 

小学校低学年の算数の定番と言えば九九ですよね。

実はこの九九はその後の単元でもかなり重要になってきます。

ですので、今回の記事の結論は、算数につまづいたら九九を復習しようということです。

九九をマスターしていかに早く答えを出せるかで今後の単元でもいきてきます。

では具体的に説明していきますので最後までご覧ください。

 

まずは、九九をマスターしよう

 

九九がこの先に重要になることは先ほども言いました。

ですので、まず九九をマスターしていきましょう。

学校でも習うと思いますが、自宅での学習での要点を説明します。

 

  1. 九九の式の読み方を覚える
  2. 九九の歌を覚える
  3. 九九を順番に覚える
  4. 九九を反対からも覚える

この順番で勉強していけば全員が九九をしっかりとマスターできます。

 

1.九九の式の読み方を覚える

いきなり九九の歌から始めると、式が読めないのでなかなか覚えることができません。

ですので、まずは親と一緒に九九の式を順番に読んでいきましょう。

何度も何度も一緒に読むたびにだんだん読めるようになります。

 

2.九九の歌を覚える

今は動画もすごく充実していて、無料でいろんなものが見れます。

九九の歌もいろいろな人が動画にしてくれていますので、

子供が興味を持てるものを探してあげましょう。

ちなみにうちでは、いろいろなアニメやゲームのキャラクターが

出てくる歌がお気に入りで良く聞いています。

 

3.歌を覚えたら、九九を1の段から順番に言えるように練習しましょう。

頭の中で九九の歌が勝手に流れてくるので、そこまで難しくないと思います。

 

4.九九を反対からも覚える

これは、〇×9、〇×8、〇×7、、、のように、

反対から九九を覚えていきます。

なかなか難しいです。

しかし、これが完璧になると九九はかなりマスターしたと言えるので頑張りましょう。

 

九九が必要な単元は?

 

九九は掛け算なのですが、実はこの後ずっと使っていくのです。

  1. 割り算
  2. 分数
  3. 面積
  4. 割合・比
  5. 速さ

2年生で習う九九が3年生から6年生で習うことにとても重要になります。

 

1.割り算

これは良く言われているのでご存じかと思います。

実際に九九を覚えたあとに良く問題に出てくる、

虫食いの掛け算ですでに割り算の予習をしています。

ここで、九九の答えが早く出てくるのとそうでないのとでは、

割り算の答えを出すのにかかる時間がかなり違ってきます。

九九はしっかりとマスターしましょう。

 

2.分数

分数は割り算の書き方を変えただけです。

なので、割り算同様、九九の速さが問われます。

 

3.面積

面積は苦手な子供が多いと思います。

図形が絡んでくるからです。

しかし計算自体はほとんど掛け算です。

なので、九九をマスターすれば計算は問題ありません。

図形になれるコツは、紙の上だけで考えるのでなく、

実際にあるもので同じ形のものを使いましょう。

そして、実際に長さを測ってみて計算してみましょう。

両親とやると楽しく学べ、記憶にも残りやすいです。

 

4.割合・比

ここらへんから苦手と感じる子が急激に増えてきます。

その理由は割合の意味が難しいからです。

割合がきたら分数だとまず頭に入れておきましょう。

それだけでほとんど解けると思います。

4割ときたら4/10、7割なら7/10みたいになりますよね。

 

比はつまり割合と同じです。

なので分数と同じです。

2:3は2/3となります。

分数と同じなら、割り算と同じ、そして掛け算で解けるということです。

 

5.速さ

これはド定番の公式「は・じ・き」が使えます。

なので、掛け算と分数が分かれば解けます。

しかし、気を付けてほしいのは公式だけを使って終わりにしないことです。

公式というのはある原理から成り立つ式です。

つまり、意味を知らないと本当の理解にはなりません。

速さとは、一定(単位)時間あたりに進む道のり(距離)

この意味をしっかりと両親が教えてあげたうえで、

公式を使って問題を解いていきましょう。

 

まとめ

 

6年生までを通して、九九がいかに大切か理解していただけたでしょうか。

また、前の記事で説明したように、一年生で習う計算もずっと必要になります。

ですので、1,2年生の算数をおろそかにしてしまうと、

その後に挽回するのはかなり難しいと言えます。

自分の子供のためにも、ぜひ一緒に勉強してみてください。

 

Follow me!

コメント

PAGE TOP