調剤薬局の裏側を紹介!どうして待ち時間が長いのか?

健康

 

今回は調剤薬局の中での流れについて紹介します。

調剤薬局で薬をもらうとき、時間がかかるな、と思ったことはありませんか?

患者さん

どうして1つしかないのにこんなに時間がかかるんだ!!

良くこんな風に怒られてしまいます。

コンビニでは、商品をスキャンして値段を伝えて、支払いする。

1つしかなかったらすぐに終わります。

しかし、調剤薬局ではそうはいきません。

調剤薬局の中では何をしているのか、どうして時間がかかるのかを紹介します。

 

お薬をもらうまで~患者さん目線~

  

患者さんからしたら、薬を用意して会計をするだけと思っているので、時間がかかることに納得できないと思います。

つまり、薬剤師は調剤室の中で、

  1. 処方箋をうけとる
  2. 薬を用意する
  3. 会計する

これだけをしているのだと思っているのだと思います。

確かに、これだけで良ければすぐに準備ができ、待たせてしまうことも少なくなります。

しかし、実際は他にもやらなければいけないことがたくさんあるのです。

  

お薬を渡すまで~薬剤師目線~

  

全ては説明するのは難しいのですが、お薬を渡すまでの工程を説明します。

  1. 処方箋を受け付ける
  2. 患者さんの過去の副作用歴やアレルギー歴を確認する
  3. 薬を調剤する(薬を患者さんに渡せる状態にすること)
  4. 調剤された薬が正しいか確認する
  5. 患者さんに最終確認をする
  6. お薬を渡す

それでは、順番に説明します。

 

1.処方箋を受け付ける

 

処方箋を受け付けるのに時間がかかるの?

と思う方は多いと思います。

しかし、薬剤師の仕事として、処方監査というものがあります。

処方監査とは、処方箋や処方の内容が正しいかどうかを確認することです。

お薬の内容や使い方が、決められたことから逸脱していないか一つひとつ確認しています。

また、混ぜてはいけない薬が一緒に出ていないかなども大切な確認です。

これは、薬剤師が行う業務ですので、受け付けた事務員はやってはいけません。

なので、タイミングによって薬剤師が手が離せない場合はここで時間がかかることがあります。

  

2.患者さんの過去の副作用歴やアレルギー歴を確認する

  

処方監査が済むと、次は出ている薬がその患者さんに使っても良いかも確認しています。

以前に副作用を起こしたことのある薬ではないか、アレルギーの情報から今回の薬は妥当かどうか。

先ほどの処方監査と今回の患者さんの情報の確認において、問題がなければ実際に薬の準備を始めます。

しかし、何か問題があるときや、少しでも疑問が残るときは処方をした医師に問い合わせをしないといけません。

この問い合わせを疑義照会と言います。

疑義照会があると、一気に待ち時間が増えてしまいます。

すぐに解決しそうな場合はそのまま問い合わせをしますが、時間がかかりそうな場合は、事前に患者さんに伝えることもあります。

問い合わせが終わり、疑問が解消されると薬の準備にかかります。

  

3.薬を調剤する(薬を患者さんに渡せる状態にすること)

  

多くの患者さんに渡す薬はシートのままで調剤します。

ですので、必要な薬を必要な分だけ集めてくることで調剤は終わります。

しかし、錠剤を半分にしたり、粉薬をまぜたり、飲み方で薬をまとめたり、、、

このような場合、調剤に時間がかかる場合もあります。

たとえ、自分の薬が1つだけでシートのままでも、その前の患者さんの調剤に時間がかかっているかもしれません。

時には、内容によって順番を前後させる時もありますが、基本的には最初に来た方から用意します。

ですので、自分の薬が簡単だからすぐに用意ができるというわけでもないのです。

  

4.調剤された薬が正しいか確認する

  

調剤した薬が正しいかどうかの確認というのもとても大切な工程です。

これを、調剤監査と言います。

お薬は治療に使う大切なものですが、時には毒のように体を悪くすることがあります。

ですので、間違った薬を渡してしまったら大事故になるかもしれません。

人間が用意をするので、時には間違えることもあります。

その間違いをなくすために、調剤した薬をしっかりと確認しています。

飲食店などで、注文したものと違ったものが出てきてしまったことはありませんか?

そのことは問題なのですが、食べてしまったところで体調を崩すようなことはないと思います。

しかし、間違った薬が渡されてしまいそれを飲んでしまうと、もしかしたら重大な影響があるかもしれません。

調剤監査をすることで、そのミスはなくすようにしているのです。

  

5.患者さんに最終確認をする

  

いよいよ、患者さんを呼んでお薬を渡すのですが、ここでも大切な工程があります。

「いつも同じ薬なのに、薬剤師はいろいろ聞いてきてめんどくさい。」

こんな風におもったことがあると思います。

というのも、実際に良く言われます。

しかし、この工程がとても大切なことで、今の薬剤師の最重要責務です。

薬を渡すときの患者さんと話しをすることを服薬指導と言います。

ここで行うべきことは

  • 新しいお薬が出ていたら、もちろん説明する
  • 今回の薬は前回と同じなのか、患者さん本人に確認する
  • 服用による副作用が出ていないか確認する
  • 残薬がないか、飲み方はあっているか、毎日飲めているか確認する

本当は細かく他にも確認しないといけないことがありますが、ざっくりこのようなことをしています。

薬を変えようと言われても、医師の方の入力ミスで前回のままということも多いです。

なので、同じかどうかを確認することは大切です。

気にしていなかったような症状が薬の副作用の可能性もあります。

眠くて集中できない、食欲がない、見えずらい、などは薬の副作用でなることもあります。

薬剤師は一度にすべての副作用を確認することは無理なので、毎回違った項目を確認しています。

また、あまり飲めていなくて余っている、ということも多くあります。

薬が余っていたら、数を調節することもできますし、上手くのめるように工夫することもできます。

しっかり服用することで治療効果が出ますので、薬をのんでもらうことが薬剤師の仕事になりますね。

 

体調や、残っている薬などの確認しついては処方せんの受け取り時に聞く場合もありますが、薬を渡すときの話はとても大切な工程です。

ですので、逆に何も言われず薬だけ渡されることがあれば薬剤師に職務怠慢になります。

 

6.お薬を渡す

 

以上すべてが終わったら、会計をしてお薬をお渡しできます。

ここで、薬と渡すことには関係ありませんが、もう一つ薬剤師の仕事があります。

最後の服薬指導の内容を記録しておくことです。

医師も診察の記録はカルテに残しておきますが、薬剤師は薬歴というものを作成してます。

 

まとめ

 

調剤室で行われていることの流れをまとめると、

  1. 処方箋受付をする
  2. 処方監査をする
  3. 調剤を行う
  4. 調剤監査をする
  5. 副作用指導をする
  6. 会計をする

ちょうどアンサングシンデレラという、病院薬剤師のドラマが放映されます。

ここで、薬剤師という職種に興味を持つ人が増えればと思っています。

病院薬剤師だけでなく、調剤薬局で行われていることも、わかっていただけたら嬉しいと思っています。

 

Follow me!

コメント

PAGE TOP