布マスクは意味ないの?マスクの有効性について

健康

 

今回は感染症の騒動を受けてマスクについて説明します。

今までマスクは日本人のみが使用していると言っても過言でもないくらい、他国であまりマスクをすることはありませんでした。

しかし、最近のコロナウィルス騒動を受けて、世界中でマスクの需要が高まり、日本ではマスクがあまり購入できなくなっています。

そこで、日本政府は、各家庭に布マスクを配るという方針を決めました。

しかし、布マスクではあまり効果がないのではという声が高まってきています。

ここで、布マスクはコロナウィルスの対策に意味がないのかについて説明していきます。

 

感染予防からの不織布マスクの有効性

 

  

少し前まで普通に買えていた一般的なマスクは不織布マスクと言われています。

このマスクは、空気中に漂っているウィルスを防ぐことはできませんが、くしゃみなどで飛んでくる飛沫自体は防ぐことができます。

ですので、完全ではありませんがウィルス感染予防という観点からな一定の効果がありそうです。

また、医療用のN95マスクはウィルス感染に効果的と言われています。

最前線で活躍している医療従事者にぜひ行き届くようになればと思いますよね。

 

感染予防からの布マスクの有効性は?

 

 

布マスクの有効性についてはかなり限定的になってしまいます。

まず、布マスクの網目は荒いため、空気中の漂うウィルスはもちろん、飛沫に含まれるウィルスですら通過してしまう恐れがあります。

また、不織布マスクと比べると顔と密着させるのが難しく、マスクとの間に隙間ができやすいです。

ですので、自分がウィルス感染しないために布マスクをすることはあまり意味がありません。

 

マスクの大切な役割

 

感染予防に対して、不織布マスクは一定の効果があり、布マスクはあまり効果がないということでした。

しかし、布マスクや不織布マスクにはもう一つ大切な役割があります。

それは、自分が他の人にウィルスをうつさないためには有効であるということです。

咳やくしゃみから出てきた飛沫などはマスクでキャッチすることができるため、他人へウィルスが飛んでいくのを効率的に抑えることができます。

それはどのような意味があるかというと、全員がマスクをしていれば感染拡大は防げる可能性があるということです。

このようなウィルス騒動の場合、うつってしまう心配をする人が多く見られますが、なかなか難しいことです。

しかし、自分が他人に移さないことのほうがかなり難易度は下がります。

 

感染拡大を防ぐためにどうしたらよいか

 

みんなが早くコロナウィルスが収束していくことを願っていると思います。

しかし、心のどこかで自分とはあまり関係がないことだと思っていませんか?

  • 政府の仕事
  • 医療従事者の仕事
  • 都心の人たちのせい

こんな思いでいる人は多いのではないのでしょうか。

しかし、この問題はこのようなことだけではなかなか収束しません。

みなさん一人ひとりが意識することが大切です。

遊びに行ったり、急ぎで必要のないものを買いに行ったり。

このようなことをしていると、感染拡大は防げないと思います。

そして、全員がマスクをする。

不織布マスクがなければ配布される布マスクをするのも良いと思います。

 

まとめ

 

布マスクも無意味ではないという話をしました。

そもそも、配布されるのが布マスクでなく不織布マスクであったほうが良かったのですが仕方のないこと。

それよりも、一人ひとりが意識して、みんなで感染拡大を防ぐのが有効です。

 

Follow me!

コメント

PAGE TOP