食後、食直後?薬の飲み方の違いについて

健康

今回は薬の飲み方についての話です。
市販で買った薬や、お医者さんに処方してもらった薬には必ず飲み方があります。
色々な飲み方があって、めんどくさくなりまとめて飲んでしまう、なんてことありませんか?

今回は、飲み方の種類やその理由について説明して、厳密に守るべき飲み方についても説明します。

飲み方の種類

まずは、どのような飲み方があるかを説明していきます。

  • 食後
  • 食前
  • 食直後
  • 食直前
  • 食間
  • 空腹時
  • 食後2時間
  • 起床時
  • 就寝前

医師の指示により、ほかにも飲み方があったり、薬によっては特殊な飲み方もあったりしますが、大きくは上記に分類されます。

食後、食直後

食後についてですが、これが一番有名でしょうか。
正確に言うと、食後30分以内、です。

多くの薬は食後に飲むことが多いです。
その理由は、胃があれないようにするためです。胃に何もない状態で薬を飲むと、胃の壁に薬の成分が付着することになり、胃が荒れてしまうことがあります。
ですので、食後と書いてある薬は必ず食事をとってから飲むようにしてください。

次は食直後です。これは聞いたことがない方もいるかもしれません。
正確に言うと食後5分以内、です。

食直後に飲まないといけない薬は、食事を摂取することにより、胆汁酸という消化酵素が十二指腸か排泄され、それと混ざらないと吸収率が悪くなるもの。
ほかには、食事自体と混ざることにより効果を発揮するものなどがあります。

この食直後の薬は、食前に飲んでしまうと胃が荒れてしまうだけでなく、効果もでないことが多いです。

食後、食直後はお分かりいただけたでしょうか。
ここで、食後も食直後も時間がややこしいと思う方に、簡単な方法を一つお教えします。

それはどちらも食事をとったらすぐに服用してしまうことです。
ごちそうさまをしたらすぐに服用してください。
食後は30分以内、食直後は5分以内ですので、食後すぐに服用してしまえば区別することはなくなるのです。

食前、食直前

食前も聞いたことがあるのではないでしょうか。
正確には、食事の20~30分前、です。

薬によっては、食事によって効果が減弱してしまうものがあります。そのような薬は食前で飲むこととされています。
有名なものでいうと、漢方薬は基本的に食前です。
これは、食事によって漢方薬の吸収率が低下してしまうからです。

ですが、必ずしも食後がダメというわけではありません。
胃が荒れやすい人は、食前に薬を飲むことができない場合があります。
医師の判断になりますが、少し効果が落ちても食後でもよいとなることもあります。
そのような方は、まず薬をもらう際に薬剤師に相談してみてください。

また食前に薬の中には、食事をとる時間に効果が出てほしいから食前に飲むというものもあります。
この場合は食後に服用する意味がないため、必ず食前に服用する必要があります。

次に食直前です。
正確には、食事をとる直前です。

この飲み方をする薬は、食事とほぼ同時に服用して、効果発現の時間を調節するためや、食事すべてとうまく混ざるように直前に服用するものがあります。

食後の時と違って、食前の薬と食直前の薬は同時に服用することができません

どちらも違った理由があるので、決められたように服用することが必要です。

食間、食後2時間、空腹時

この用法は聞いたことがあるでしょうか。
実はこの3つはすべて同じ飲み方なのです。

食間は食事と食事の間=食後2時間くらい=空腹になった時、です。

薬には、空腹のときに服用したほうが良い薬があります。
食事と混ざってしまうと、上手く効き目が出なかったり、逆に効果が高くなってうまくコントロールできないことがある薬は空腹時に飲む必要があります。
食前も空腹時になりそうですが、30分では食事と混ざってしまうことがあるので区別されています。

服用の目安としては、食後2時間が一番わかりやすいと思います。
毎食間という薬をもらったら、毎食後2時間と読み替えて服用しましょう。

起床時、就寝前

この二つは理解しやすいと思います。

起床時は、朝起きてすぐのことです。

起床時は朝食をとるまで完全に胃の中が空っぽの状態です。
このように、完全な空腹時に飲まないといけない薬があります。
骨粗しょう症の薬の一部がこれに当たります。

就寝前は、寝る前のことですよね。

寝る前に飲む薬は、その効果の特徴から来ています。
よく使われるのは、睡眠薬です。

睡眠薬は夜に眠れるようにするため、寝る前に服用します。
間違えて日中などに服用すると大変ですよね。

また、喘息治療薬や、アレルギーの薬も就寝前に飲むことがあります。
これは、寝ている時から明け方までしっかりと効果を持続させるために寝る前に飲むのです。

まとめ

薬の飲み方には理由があります。
場合によっては、それを守らなくてよいこともありますが、基本は決められたように飲むのが良いです。

飲み方でなにか困ったことがあれば、薬剤師に相談してみてくださいね。

Follow me!

コメント

PAGE TOP