お薬手帳の必要性、薬剤師が説明します

健康

今回はお薬手帳についてのお話です。

薬剤師であるからには、お薬手帳については説明しないといけないので今回記事にしました。

お薬手帳とは、その人の飲んでいる薬の履歴などが記録してある手帳のことです。

しかし

「他の薬局に行かないからいらない」

「持ち歩くのがめんどう」

など、所持していない人も多いのではないでしょうか。

今回はお薬手帳の、役割、必要性、活用法について説明していきます。

お薬手帳とは

まず、お薬手帳とは何なのかについて、詳しく説明します。

お薬手帳とは、A6サイズの小さめな手帳のようなものです。

調剤薬局で薬をもらうときに、無料でもらえます。

お薬をもらうたびにその記録を付けていきます。

ですので、お薬手帳を見れば、その人がどこの病院で

何の薬をもらっているかわかるようになります。

また、薬の記録だけでなく、アレルギーや副作用歴の

情報も記入できるようになっています。

また、薬局だけで見せればよいと思っているかたが多いのですが

診察の時に医師にも見せるとさらに有効に使うことができます。

薬剤師はお薬手帳を見て何をしてくれるのか

お薬手帳には薬の記録が書いてあります。

薬剤師にお薬手帳を見せることで、現在何を飲んでいるかを薬剤師に伝えることができます。

複数の病院にかかっていると、少なからずあるのが薬の重複です。

薬の重複とは全く同じ名前の薬だけでなく、種類が同じだったり、

ジェネリック医薬品と言って、名前はちがうけど中身は同じ薬だったり

薬剤師だからこそ気付けることがあります。

つまり、不必要な薬を飲まなくて済むようになります。

また、薬の重複のほかにも、相互作用というものを防ぐことができます。

相互作用というのは、薬同士の相性が悪くてうまく効果が出なかったり、

反対に効きすぎたり、全く違った副作用が発現したりしてしまうことです。

この相互作用を見抜くことが薬剤師の使命なのです。

ですので、薬をもらうときには必ず薬剤師にお薬手帳を見せるようにしてください。

診察の時もお薬手帳を見せるの?

最近は大きい病院では、受付でお薬手帳を提示するように促していることが多いみたいです。

診察の時に、医師にお薬手帳を見せることで診察の助けになるのです。

薬剤師が書き込んだアレルギーや副作用の情報や、

おおまかな薬の重複や相互作用の確認(細かくは薬剤師の使命) ができます。

他に使い道はあるの?

お薬手帳には薬の記録以外書き込んではいけないというわけではありません。

先生には直接言いづらいことや、体調の変化などを書き込んでも良いですし、

薬剤師も医師へ連絡事項があれば記載することもあります。

みなさんと薬剤師、そして医師との連絡ノートの役割にもなるのです。

薬局、病院以外での使い道について

「お薬手帳は携帯してくださいね」

このように声をかけると、

「病院行く日だけ持っている」

と言われることが多いです。

お薬手帳は、薬局や病院以外でもすごく役立つときがあります。

それは災害時です。

災害はいつどこで起こるかわかりません。

災害時にいつも飲んでいる薬が手元にないと困る人も多いと思います。

また、災害時はいつもの病院や薬局にいくことができないことも予想できます。

そんな時にお薬手帳があれば、急に違う病院に行ったとしても、

何の薬を飲んでいるかを正確に伝えることができます。

実際に東日本大震災の時に、お薬手帳が大活躍をしたのです。

飲んでいる薬が正確にわかれば、薬だけでなく、どんな病気かもわかります。

災害時でも、薬の心配はなくなるのです。

まとめ

お薬手帳について、少しでもわかっていただけたら嬉しいです。

本人を守るためのお薬手帳です。

1人1冊、ぜひ持ち歩くようにしてください。

Follow me!

コメント

PAGE TOP